童心庵

kokamoto.exblog.jp
ブログトップ

武士の一分・・・(1月7日)

映画館で映画を観たのは
確か、ダイハード2?3?が最後だったと思います

映画館ならではの、大画面と大音声の迫力に圧倒されたのを覚えています

最近では専ら、テレビでの観賞ですが
キムタク主演「 武士の一分」は久しぶりに、しみじみと観賞しました

山田洋次監督らしい
主人公の、日常の暮らしぶりを、緻密に丹念に描きながら

情感豊かな映画に仕上がっていましたね


キムタクと、檀れいさんの熱演 好演と共に
主人公の下僕役 笹野高史さん、ちょっと とぼけた、いぶし銀の感じが
実に、いい味を出して全体を引き締めていたように、私は思いました

主人公のキムタクが、復讐を果たす それ自体はテーマではなく
人の幸せって、一人一人 日々の平凡な暮らしの中にあり

又、その日常がいかに大切かを、教えてくれる映画でした


映画を観終えて、私も
しっかり足元を見つめて、精一杯、 一日一日を過ごそう
なんて思ってしまいました

一度、離縁した妻を抱きしめて迎え入れる、最後のシーンには
思わす涙が・・・





ご連絡やお問い合わせのメールアドレスは
doushin-an.980901.okamoto@docomo.ne.jp

c0202680_303412.jpg

                 武士の一分 インターネット画像です
               
広島ブログstyle=
広島blogにクリックお願いしま~す。ランキング参加中です
[PR]
by doushin-an | 2010-01-07 06:00